t_image.jpg

こんにちは。仮り暮らし代表の徳永です。
長文ですが、修正を重ねながら自分の気持ちを文章に起こしました。
最後までご覧いただけますと幸いです。

■仮り暮らしを立ち上げようと思ったきっかけ

私は現在は普通の会社員ですが、10代の頃から子どもにかかわる仕事がしたいと思っていたので、保育系の短大を出ました。子どもを取り巻く環境には人よりも興味を持っています。

昨今耳にする「家出した少女が事件に巻き込まれた」というニュースについても、「へぇそうなんだかわいそう」「自分から行ったのなら自業自得では」と
思う方が多いかと思います。私自身もそうでした。ただそれだけではなく、
なぜか他人事には思えなくて、どうしたらこういう事件が減るのかなと漠然と
思うだけで、自分から何かをしようとは微塵も思いませんでした。

私はこのまま普通に会社員をして普通に定年を迎えて、あぁもしかしたら結婚とかするのかな、老後は東南アジアでのんびり年金暮らしもいいなぁとか。

しかしながら2015年11月、それまでの考えが変わる出来事が起こります。
私には2歳下の妹「A」がいますが、Aが姉妹喧嘩をきっかけに蒸発したのです。

警察に届けるも、「成人なので積極的な捜索はしない。パトロール中に発見しても、本人が居場所を告げることを拒んだ場合、個人情報保護のため親御さんであっても居場所を伝えることができない」と言われました。

私は当時も今も、成人した人間が自ら望んでしたことは、こちらがいくら言っても聞き入れられないものだから心配しなくてもよい、いずれ結果が分かるという考えです。しかしながら母は違いました。

「個人情報」って、親子なのに・・・とショックを受けた母、それからは探偵を雇うか、いやいや費用が、の繰り返しで結局雇うに至らず、ついには「Aが夢に出てきた。夢でこれこれをしていた、どういうメッセージなのか。生きているのかすらも分からない、心配で仕方がない。どうしてあなたは平気なの」などと話すようになりました。

私としては喧嘩別れでしたから、「なぜ自分勝手に蒸発した成人の行方を、こんなに長いこと気にし続けるのか」と、正直なところうんざりしてました。

が、母の話を聞く回数が増えるにつれて、
全国の家出児童の親御さんの中には、母と同じような思いをしている方もいるのではないか

家出児童を保護できる公的施設を立ち上げることで、親御さんの不安感を少しでも軽くすることができるのではないか」と考えるようになりました。 

これが、仮り暮らしを立ち上げようと思ったきっかけです。

■家出児童の気持ちを受け入れたい

この活動を始めたとして、はたして需要はあるのか?と考えたとき、気づきました。
虐待を受けている、ネグレクト(育児放棄)を受けている、といった「家にいると危機的状況にさらされる」子どもを保護する場所はたくさんあります。
しかしながら、「親と喧嘩した」「家族とウマが合わない」 「家にいたくない」というのが理由の場合は、受け入れてくれる施設がほとんど無いのです。

2018年現在、スマートフォンや高性能ポータブルゲーム機が市民権を獲得し、もはや持ってない方が少数派です。
コンビニや駅、カフェといった誰もが簡単に行ける場所で無料でインターネットにアクセスすることができます。

そして彼女たちは検索します。「家出したい」「▲▲区 家出」「家出 支援」「家出 サポート」etc.
そして彼女たちは目にします。検索結果の1ページ目に出てくる、犯罪予備軍からの撒き餌を。
「困っている女の子、泊めてあげます」「家出少女は駅を探そう」「XX町のオトナの出会い」という文字を。

私自身、生まれ育った家に「自分の部屋」が無く、自分宛の郵便物はことごとく開封され、机の引き出しの中身は通学中に配置が変わる、
妹と漫画を取り合えば「お姉ちゃんでしょ」、手伝いたくなくても「お姉ちゃんでしょ」、喧嘩をすれば「お姉ちゃんでしょ」という、
プライバシーも理解も逃げ場も無い子ども時代でした。母親曰く「親子にそんなもんいらない!」。父親は男親だからなのか関与したがらず。

だからこそ、私は「家にいたくない」「家出したい」という気持ちに共感できるのです。
だからこそ、彼女たちが被害に遭う前に助けたいのです。

 

■職に就けない人たちを応援したい

■居場所が無い人たちの拠り所を作りたい

*ここでは、職 = 正社員職としてお話します。

私は保育系短大の出ですから、児童福祉施設についても勉強しました。
するとそこには、「保護できるのは原則18歳まで。それ以降は退所させる」というルールがあったのです。

いやいや18歳までって。つい先日高校を卒業した子に、卒業おめでとう!これからは自立だね、とか。当人からしたら不安しかないと思います。

しかし施設としても、本音はこんなことしたくないのです。今の日本には施設が足りておらず満足な保護ができないため、やむを得ずこのような待遇になっているのです。

そのため施設を18歳で退所した若者の多くは、進学ではなく働く方を選ぶケースが多いのです。もちろん中には奨学金などを利用して進学するケースもありますが。

そして、学歴不問の求人が増えているとはいえまだまだ学歴社会の日本です。
表向き「学歴不問」としていても、実質それを気にしている企業はまだまだ多くあります。

そのため低収入な仕事に就かざるをえず、毎日の生活だけで精一杯となり思うような就職活動ができないという悪循環に陥りがちです。

そこで私は、「職員として彼らを雇い、資格やスキル獲得の援助をし、自立に向けてサポートするのはどうか」と考えました。 

 

当初は児童保護施設を巣立った若者を受け入れようという思いだけでしたが、徐々に「居場所が無い」のは大人にも当てはまるのでは、と考えるようになりました。「孤独」「中学生が自殺 いじめか」という文字が目に付くからです。

リストラされた、会社を辞めたが転職に失敗した、仕事が上手くいかない、人間関係が上手くいかない、そもそも身を置ける場所が無い、などなど、背景はその人の分だけあります。そういった方々は、常に「明日の不安」を抱えます。「収入が無い = いつかは家を追い出される」「この生活から抜け出せないんじゃないか」「もういっそ、地球が滅べばいい。明日なんぞ来なくていい」と。

そして私自身、子ども時分は人見知りが激しくて教室に居場所がなく、よくある「何人組になってね」が最大の恐怖、そのままこじらせ短大卒業までぼっちで、
家庭環境もあわさって、常々「居場所が無い」と感じていました。

人間、不安があると余裕を失い、思考できなくなり、自らを責めはじめ、やがて自滅に向かってしまうものです。そこで、そういった方々を雇用したり受け入れたりして、ひとまずの居場所を作ってはどうかと考えました。

自己肯定感を取り戻すことでその人の何かが変わるかもしれない。それをサポートできるようになりたい。そうしていつか、前を向いて歩けるようになってほしい。そう願っています。

 

以上、ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

仮り暮らしのことを応援していただけますと幸いです。